fbpx

足のしびれがでるおしりの痛みの原因|別府整体姿勢専門サロンゆのまち

しびれがでるおしりの痛みの原因 別府整体姿勢専門サロンゆのまちスタッフブログ

足のしびれがでるおしりの痛みは神経痛が原因

おしりだけの痛みではなく、太ももの裏側やふくらはぎ足先にかけてのしびれがでている場合は、単純におしりの問題だけでなく、神経による問題が起こっていると考えられます。

痛み方の特徴としては、「重だるい痛み」「ハリがでる痛み」「ピリピリ・ジンジンした痛み」と訴えられる方が多くいらっしゃいます。

この場合には、腰からでている「坐骨神経」がどこかで圧迫を受けているために、おしりの痛みだけでなく足のしびれも同時に起こります。

圧迫を受けやすい代表的な場所としては「背骨(脊柱、特に腰椎)」「骨盤(仙腸関節)」「おしりの筋肉(梨状筋)」があげられます。それぞれ具体的に解説させて頂きます。

背骨の歪みからくるおしりの痛みと足のしびれ

背骨のずれが神経を圧迫して足のしびれとおしりの痛みを起こす 別府整体姿勢専門サロンゆのまち

写真のように背骨の隙間から神経はでています。そのため、背骨に歪みが起こると神経が圧迫されてしまい、一見関係ないように思われるおしりや太ももの裏側まで痛みとしびれが広がってしまいます。

背骨を歪ませてしまう原因としては姿勢との関係がありますので、きちんと姿勢を正す必要があります。

骨盤の歪みからくるおしりの痛みと足のしびれ

骨盤の歪み(仙腸関節)が足のしびれとおしりの痛みの原因に 別府整体姿勢専門サロンゆのまち

骨盤には仙腸関節と呼ばれる関節があり、その関節から坐骨神経が通っています。そのためこの関節が少しでもずれてしまうと神経の通り道を邪魔してしまい痛みとしびれを起こしてしまいます。

※骨盤や仙腸関節は他の関節と違って大きく歪むようなことはありませんが、何ミリ単位のずれが問題を起こすと言われている非常に大切な関節になります。ちなみにですが「骨盤矯正」という言葉は医療用語ではないため注意してください。

おしりの筋肉が原因となるおしりの痛みと足のしびれ

おしりの筋肉(梨状筋 大臀筋)が固くなると神経を圧迫しておしりの痛みと足のしびれをおこす 別府整体姿勢専門サロンゆのまち

坐骨神経のすぐ上には「梨状筋」と呼ばれる筋肉があります。そのため、この筋肉が固くなりすぎると坐骨神経を圧迫してしまい直接的におしりの痛みを引き起こすだけでなく、足のしびれなどの症状の原因となってしまいます。

また、梨状筋の上にはさらに「大臀筋」と呼ばれる大きな筋肉があるため、そちらの筋肉も固くなってしまうと坐骨神経を圧迫してしまうために合わせてケアをしっかりと行う必要があります。

足のしびれがでるおしりの痛みの原因のまとめ

足のしびれがでるおしりの痛みは神経痛が原因です

そして神経痛を起こしてしまうのは「背骨」「骨盤」「おしりの筋肉」が問題となるパターンが多いということをご説明しました。

そのためそちらのケアを行うことでおしりの痛みと足のしびれを解消することができます。

しかし、注意して頂きたいのは「足のしびれは身体からの危険信号」ということです。

まずは病院の整形外科でレントゲンやMRI検査を行い「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「坐骨神経痛」などの病気がないかの確認を行うことをお勧めします。

そして、その後にどういった治療を行って行くのか検討してください
(病院の痛み止めやリハビリ、整骨院でのマッサージや電気治療、整体など・・)

その時に大切にして頂きたいのは「自分の目的に本当に合った治療を選べているか」です。

とりあえずその場しのぎで痛みを抑えたいのか?
それとも痛みを抑えるだけでなく根本的に解決していきたいのか?

ぜひ自分にあった治療法を選択されてください。

それでは最後までお付き合い頂きありがとうございました!

具体的なケア方法についてはこちらの動画をご参照ください!

【痛み止めの効かない腰痛と足のしびれの治し方】別府整体姿勢専門サロンゆのまち
タイトルとURLをコピーしました