fbpx

プロフィール

宮本卓廣 みやもとたかひろ
氏名 宮本卓廣(ミヤモトタカヒロ)1989年5月12日生まれ
性格 愉快
趣味 子供と遊ぶ事 読書 ジャズ DIY
好きな食べ物 カレー ピザ ワイン ビール
資格 リハビリ免許
キネシオテーピングトレーナー
健康経営アドバイザー
Diane Lee Thorax&Pelvics 修了
Diane Lee 下肢統合システムモデル 修了
実績 リハビリテーションケア合同研究大会茨城2016
「大腿骨転子部骨折後の退院時歩行能力に影響を与える因子について」
経歴 春木川小学校 北部中学校卒業
鶴見丘高校卒業
大分リハビリテーション専門学校卒業
理学療法士免許取得
別府市の慢性期病院 総合病院に計9年勤務
姿勢専門サロンゆのまち スタート

人生の最後をどう過ごすか?

私が理学療法士の道を目指したのは、人生の最後を出来るだけ痛みやしびれに悩まされずに生活できるようにサポートしていきたいと思ったのがきっかけでした。
そこで、免許取得後に選んだ先は在宅や終末期に近い方に力を入れている市内の病院でした。しかし、現実は想像していたよいりも厳しく、自分の思うように動けなくなり自分の望む生活を送る事が難しい方とも多く関わらせて頂き、どういった関わりをすれば良いのかという答えのない自問自答の日々を過ごしていました。
それでも少しでも私の施術で改善する部分や楽になればと、時間があればとにかく理学療法の研究や研鑽に時間を費やしました。

1歩手前の予防の視点

どうすれば良いのか模索する日々は続きましたが、ある一人の患者様をきっかけに自分の視点が少し変わってきました。
その方は、元々違う病院で膝が痛くなく歩けるようになる事を目的に、多くの時間をリハビリに費やしてきていた方だったのですが、経過の途中で症状が悪化してしまい、止む無く転院という形となりました。
その後縁あって私がリハビリを担当させて頂いたのですが、痛みを起こすクセが取れていない状態での運動中心のメニューにより逆に身体に負担がかかりすぎていたため、痛みの原因となる姿勢の調整を中心に施術を行っていきました。
2ヶ月後には、身の回りの事はご自身でできるようになるくらいには改善していきました。
そこで、「もっと早い段階から将来を見据えたカラダ作りを行っていれば」という視点が生まれ、回復期病棟と呼ばれる発症してあまり期間が経っていない方のリハビリが行える病院に移動させて頂きました。

新たな課題

新しい病院では、整形外科での手術後の方や脳梗塞後の方のリハビリに関わらせて頂いたのですが、その際には「もう二度と手術を受けなくて良いためのカラダ作り」や「少しでもやりたい事が続けられるカラダ作り」を目指してリハビリを行いました。
また、スタッフ数も多い病院であったため、後輩の育成指導にも少しづつ関わらせて頂き、研修会の企画や講師を務めさせて頂いたりと、違った形でも患者様の力になれるように日々研鑽を重ねていました。
しかし、重症の方や思うように過ごせない方と関わる機会は続き、当初からの自問自答は相変わらずで、答えを探し続ける日々でした。

病院の限界?

病院に入院するという事は、基本的には症状が進行してしまった方や、手術しか道がないという方が来られる場所です。
しかし、そういった方々も以前から治療院に通い続けてきたという方は多くいらっしゃいました。
つまり、ケアとしての対処療法は受け続けてきたにも関わらず、根本的な解決や正しい身体の管理方法を学ばずに経過してしまったために、手術や入院を選択するしかなくなったという状況でした。

姿勢専門サロンゆのまちの開院

そういった状況の中で、私が感じたのは「入院や手術までいかないうちから、その場しのぎではなく、根本的に解決して、将来痛みやしびれで悩まないための場所を作る必要がある」という事でした。
そこで、今あなたに見て頂いている「姿勢専門サロンゆのまち」を開院する事となりました。
それでもまだまだ大分県には、年齢に関係なく痛みやしびれでお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そういった方の「この先さらに悪くなるんじゃないか」「手術しないといけなくなるのでは」「子供に面倒を見てもらうのは申し訳ない」といったような不安を解決するために、私はあなたを全力でサポートします。
私の想いに共感して頂けるようであれば、是非一度ご相談下さい。必ずあなたの痛みやしびれで不安な毎日から卒業できるように導きます。
長々とお付き合い頂き感謝を申しあげます。お気軽にいつでもご相談下さい。

〒874-0915  大分県別府市桜ヶ丘1組 エーデル桜ヶ丘204
姿勢専門サロン ゆのまち

 

ご質問やご相談はこちらから↓

タイトルとURLをコピーしました