fbpx

腰椎椎間板ヘルニアは手術しないと治りませんか?|別府整体 姿勢専門サロンゆのまち

腰椎椎間板ヘルニアは手術しないと治りませんか?別府整体姿勢専門サロンユンまちスタッフブログ

おはようございます!「安心と楽しさを提供する整体院」
別府整体姿勢専門サロンゆのまち院長の宮本です。

この記事を見ているということは、あなたが腰椎椎間板ヘルニアで悩まれているか、ご家族やご友人など大切な方が困っているからこの記事を見ているのだと思います。

腰椎椎間板ヘルニア こんな経験はありませんか?

はじめは寝起きの腰痛からはじまり、そこからなかなか痛みがとれず「前屈みの姿勢になるのが辛い」「長い時間座っておけない」「歩くだけでも腰痛がひどい」「足のしびれもでて眠れない」といったような症状がどんどん増え、気づいたら動けないほど辛い腰痛の日が増えたので、整形外科を受診してMRIをとるとヘルニアがあるからと言われた。

そして、治療として

・痛み止め(リリカ ロキソニン、ビタミン剤)
・電気治療
・リハビリ
・マッサージ、矯正
・運動、筋トレ

をすすめられて少しやってみた。確かに痛み止めを飲んだ時はいいけど、薬がきれるとすぐに戻ってしまってを繰り返して、気づいたら痛み止めは増えるばかりで全然治っていってない・・

医者からも手術のはなしがでてきているし

この状況を変えるためのいい方法はないのか?

もしかしたらそうお考えではないでしょうか?

ヘルニアは手術する以外の解決方法はない

そんなことは実はありません。手術以外の解決方法を知らないから手術した方がいいのか・・と悩むことになります。

ヘルニアを手術以外で解決できる方法はありますので、そちらについて今から順番にご説明させて頂きます。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます。(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。

このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫してしまうため、痛みやしびれといった症状がでてしまいます。

特に腰からお尻、つま先にかけて激しい痛みやしびれがでている場合はを「坐骨神経痛」という、椎間板ヘルニアの代表的な症状がでている場合があります。
※坐骨神経痛の詳しい解説は坐骨神経痛ページを参照してください

なぜ椎間板ヘルニアが起こるのか?

椎間板ヘルニアの発症は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係していると言われています。

椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2・5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。

ヘルニアの一般的な治療方法

ヘルニアの一般的な治療法

実は一般的には知られていない事が多いのですが、整形外科医の間では何の対策をしなくてもヘルニアは6ヶ月で自然に治癒すると言われています

そのため、その間に関してはとにかく痛みを緩和させる目的で、ブロック注射や痛み止め薬、電気治療やマッサージなどの対処療法が行われる場合が多いのです。

しかし、実際にこのホームページを見ている方は対処療法の効果がない方や、6ヶ月以上経過しているにも関わらず、腰痛やしびれが継続しているという方がほとんどではないでしょうか?

なぜヘルニアの症状が治らずにそのままになってしまうのかと言うと、ヘルニアの根本的な原因については触れずにそのままになってしまっているからなのです。

では一体どうどうしたらヘルニアを根本的に解決していく事ができるのでしょうか?

根本的に解決していくためにはまずは「痛みとしびれ」の原因がなんなのかを細かく知る必要があります。

なぜあなたは治らないのか?
ヘルニアの痛みとしびれの真の原因

①筋肉の圧迫による血流障害

ヘルニア、筋肉の圧迫による痛み

椎間板に過度な負担が加わることで、組織の一部が飛び出てしまい後ろにある筋肉を圧迫してしまいます。筋肉が圧迫されると血流が十分に行き届かないために痛みがでます。

②神経の圧迫による神経障害

ヘルニア、神経の圧迫によるしびれ

飛び出た組織の一部が、背骨のすぐ後ろを通っている神経を圧迫してしまいます。そのことで神経自体を圧迫してしまうのはもちろん、神経の通り道を塞いでしまうために痛みやしびれといった症状がおきるのです。

③椎間板に負担をかける姿勢

腰椎椎間板ヘルニアの原因姿勢

これがヘルニアを治すために最も必要な事です。先ほど説明した2つは一般的にもよく言われていて、圧迫されている部位をマッサージしたり、矯正したり、電気治療して緩めることで一時的にはよくなります。

しかし、そもそもなぜ椎間板に負担がかかっているでしょうか?
そこを考えず治療しても対処療法にし必ず、解決できないのは正直当たり前です。

椎間板に負担をかけてしまう真の原因はあなたの無意識な姿勢にあります。

ヘルニアの代表的な症状として、「前屈み姿勢になると痛みやしびれが悪化する」ことがあります。これは前屈みになると椎間板に負担をかけてしまうことを表しています。

例えば「猫背」姿勢になると、常に椎間板への負担が増えて、組織を破壊してしまうことになるので、結局のところ根本的な原因はあなたの無意識な姿勢にあります。

なぜ治らないのか?【腰椎椎間板ヘルニアの原因解説】別府整体姿勢専門サロンゆのまち

当院でのヘルニアの解決方法

①筋肉の圧迫を取り除き「痛み」を改善する

まずは目の前の痛みを改善することに集中します。そのために圧迫を受けて痛みをつくり出している筋肉はどこかを探し出します。

そして、その原因となっている筋肉をピンポイントに施術することで、圧迫を取り除き痛みを改善していきます。

②神経の圧迫を取り除き「しびれ」を改善する

しびれや重だるさなどがある神経障害については、強すぎるマッサージや矯正では逆に神経を傷つけて回復を邪魔するばかりか、悪化させてしまう場合があります。

そこで、ゆのまちでは丁寧に神経の圧迫が起こっている場所を見つけ出して、慎重に調整することを心がけています。

このことで神経の圧迫を取り除き、お尻から太もも裏、ふらはぎから足先に広がるしびれや違和感を解消することができます。

③姿勢を整えて、「ヘルニア」を根本的に改善する

姿勢を治すためには単純に体をまっすぐ伸ばせばいいというわけではなく、細かく腰椎(背骨)のどこがずれていて、椎間板に負担をかけているのかを調べる必要があります。

その腰椎のゆがみを見つけ出すために、背骨の1箇所1箇所を細かく確認していき、原因となっているゆがみを見つけ出します。

その後、見つけ出したゆがみをソフトな刺激で調整して姿勢を改善していきます。

また、その際には腰椎だけでなく股関節や首の位置など全身の調整も同時に行い、ヘルニアの痛みとしびれの改善だけではなく、この先も手術の不安を抱えなくて済むように再発予防まで踏まえた調整を行っていきます。

これら3つの解決方法を中心に、「手術しないと治らない」「痛み止めを飲み続けてごまかすしか方法が分からない」といったようなヘルニアの痛みとしびれから解放されることができます。

以下に実際にゆのまちのヘルニア整体を受けて、改善された方がいらっしゃいますのでご参考にされてください。

ゆのまち整体を受けられた方の声

別府市在住
藤内様(介護福祉士)

腰椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

手術しかないと言われ、痛み止めを1日3錠飲んでいた生活から抜け出せました。

「最初はこんなもんかと思っていましたが、信じてよかったです」

通院履歴ヘルニア

【ヘルニア腰痛の痛み止めがいらなくなりました】お客様の声 姿勢専門サロンゆのまち
Q.相談前はどのような悩みをお持ちでしたか?
A.慢性的な腰痛があり2年近く病院に通って痛み止めを飲んで治療していましたが、全く改善しないまま過ぎていました。1日3錠の痛み止めを飲みながら過ごしてましたが、痛み止めを飲んでも仕事に支障がでてしまうような状況で、医者からも手術をすすめられていたのでどうにかしないとと思い相談しました。
Q.他の院とはどのような違いがありましたか?
A.他のマッサージや整体、整骨院のように強く押したりするわけではないので、「こんなもんか」と正直思っていたのですが、結果がでて納得できました。信じてよかったなと思っています。

Q.施術を受けてどんな変化がありましたか?
A.ゆのまちに通うようになってからは、痛み止めが1錠減り、2錠減り、今では痛み止めを全く飲まなくても過ごせるくらいに改善しました。

Q.同じ症状でお悩みの方に一言お願いします
A.痛み止めを大量に飲んで胃も荒れて、胃薬も飲まないといけない状態から、3ヶ月経って一切止めることができた現状や実績が何よりの証拠だと思うので、ぜひご体験頂くことをおすすめします
    ※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

追伸

腰椎椎間板ヘルニアと言われて「自分の腰痛やしびれは手術しかない」「痛みとは一生付き合っていくしかない」「悪化したら手術が待っている」そんな不安も解決できる可能性は十分にあります。
諦める前にゆのまちに必ずご相談ください。
あなたの悩みを必ず解決へと導きます。
1日1名様限定。全額返金保証付きの体験価格 専門家による原因分析から本格腰痛整体を体験価格で全てご体感いただけます 通常8800円→半額の4400円 「画像」施術の流れ 問診→原因分析→ゆのまち式整体→テーピング療法→セルフケア指導

タイトルとURLをコピーしました