脊柱管狭窄症(腰痛と足のしびれ)は手術しないと治りませんか?|別府整体 姿勢専門サロンゆのまち

脊柱管狭窄症は手術しないと治りませんか?|別府整体 姿勢専門サロンゆのまちスタッフブログ

こんな症状はありませんか?

・腰からお尻に痛みがでている
・長い時間歩けずに、すぐに座りたくなる
・痛くてじっと立っておけない
・太もも裏から足先までしびれがある
・じっと寝ていたらいいけど、動くとすぐに痺れる
・太ももの裏からふくらはぎが痛い
坐骨神経痛と言われた
・仰向けで寝るのが辛いので、横向きで寝ている

これらは「脊柱管狭窄症」の特徴的な症状です。はじめはただの腰痛だろうと思って、時々マッサージに行ったり整骨院で電気を当てたりしてもいまいち改善せず、段々と症状が悪化して動けない日がでてきて、そこで「何かおかしい」ということで整形外科にいくと、「細かく検査しましょう」と言われてMRI検査をとると「腰部脊柱管狭窄症」ですね・・と言われたのではないでしょうか?

しかし、脊柱管狭窄症と診断されたからといって全ての人が手術しないと改善できないかというとそんなことはありません。

というのも、ある日いきなり脊柱管狭窄症になったのではなく、日頃の小さなストレスの積み重ねが脊柱管狭窄症をつくり出しているのです。

痛みやしびれの本当の原因は何なのかを正しく理解して、一つずつ対応していけば痛みとしびれは改善できます。

しかし、逆を言えば対処療法と言われるその場しのぎの治療を続けていたら、良くなるどころかどんどん進行してしまい、取り返しのつかない事になります。痛み止めや電気治療やマッサージはどれもその時は気持ちがいいとは思いますが、あくまで対処療法になってしまうため、痛みとしびれの本当の原因は何なのか?を見つけ出して、効率的に解決していく必要があります。

根本的に治さないとそろそろまずい・・

そうお考えで、根本的な解決方法を探し始めたけどどこに行けばいいのか分からないということでお悩みでしたら当院で力になれます。

まずは、なぜ脊柱管狭窄症で痛みとしびれがでて、動けなくなるのはなぜなのか?そして、どうしたら改善できるのかについて解説させて頂きます。

脊柱管狭窄症って?

脊柱管とは、脳と身体をつないでいる「脊髄」という神経の束が通る道になります。この大切な道が圧迫されて狭くなってしまうことで、脊髄が傷つけられてしまうために「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれがでてしまいます。つまり、神経が圧迫されて血流障害が起こり様々な症状がでてしまう病気となります。

特に腰を後ろに反らすような動きで脊柱管は狭くなってしまい、痛みやしびれを悪化させてしまうことがあるため、仰向けで寝るのがきつくなってしまうのです。

脊柱管狭窄症の治療法

保存療法(手術しない方法)

こちらがまずは選択されます。一般的には、「痛み止め薬」やしびれに対しての「ビタミン剤」が処方されます。そして、電気治療やリハビリ、整骨院であればマッサージや矯正を行う場合もありみなさんもどれか一つか二つは実際に試されたのではないでしょうか?

外科的治療(手術)

重症度によって手術するかしないかを医師が判断します。狭くなった脊柱管を手術によって広げて通り道を大きくすることで、圧迫を取り除いていくという考え方になります。

方法としては直接圧迫をとっていく「徐圧術」や圧迫をとるのと不安定な腰を安定させるために「助圧固定術」が行われる場合があります

なぜ、あなたの脊柱管狭窄症は治らないのか?

しかし、ここまで読んだ方はすでに「そんなこと知っているし、もうとっくの前から試したわ」とお思いの方もたくさんいらっしゃると思います。実際に当院にご相談に来られる方のほとんどは2つ以上の方法はすでに試したけどダメだったという方がほとんどです。

そして上記の方法は何度も説明していますが対処療法にしかなりません。(痛みの激しい時期に痛みを緩和することは必要なので、時期や目的に合わせて行わなければならないということです)

根本的に解決していくためには、「神経の圧迫をとりのぞき、神経が圧迫されない姿勢に整える」ということが必要になります。

しかし、それが手術せずに行うことができるのか?疑問に思われているかと思いますので、どのように行うのかを具体的に説明します。

脊柱管狭窄症の改善方法

①神経の圧迫をとりのぞく

脊柱管は背骨を後ろに伸ばす動きをすると、その通り道が狭くなり痛みとしびれの症状が悪化する特徴があります。つまり、背骨が反りすぎない状況に調整する必要があります。

そのためには、背骨のどこの部分が反りすぎているのかを1箇所1箇所確認して、反りすぎている背骨を丁寧に元の位置に調整していきます。この時には、背骨だけでなく「骨盤」「股関節」「肋骨」などの一見関係なさそうな部位が原因となって背骨に影響を及ぼしている場合もあるため、全身の状態も同時に確認しながら行っていきます。

②神経が圧迫されない姿勢をつくる

脊柱管狭窄症といわれたほとんどの方は「反り腰」姿勢と呼ばれる、腰の骨が後ろに反りすぎている姿勢となってしまいます。また、見た目では反り腰より猫背っぽい・・・と思っていてもよく見ると部分的に反っている場所があります。

そこの反っている位置を調整しながら、全身のバランスを整えてストレスが集中しないように姿勢を整えていきます。

この姿勢を整えることをせずにマッサージや矯正を受けても、悪い姿勢のまま素振りをするのと一緒で何も解決していません。

脊柱管狭窄症になってしまったのはこの日頃の無意識な姿勢(特に反り腰)が関わっているのです。

つまり手術せずに脊柱管狭窄症の痛みとしびれを改善しようと思った場合にはこの「姿勢」をきちんと整えることが必要になります。

これが姿勢専門の整体院だからこそできる根本的な解決方法になります。

 

「もう手術しかない・・」「このまま何もせずに悪化していくのはいやだ」「元気に動き続けたい」あなたがそうお思いでしたら今すぐご連絡ください。

あなたの改善したいというその思いに必ず応えます。

あなたのご来院を笑顔でお待ちしてます。

実際に当院の整体で
脊柱管狭窄症が改善した
お客様の声です

別府市在住 後藤様
脊柱管狭窄症 腰痛と足のしびれ 

「10分歩いて痺れるようになったら即手術」と整形外科で言われて悩んでいましたが・・

「不思議なくらいに、痺れがなくなった!」

通院履歴
週2回 24回通院
・1〜12回:腰痛と痺れの改善
・13〜24回:姿勢の改善とトレーニング指導
・週に1回のメンテナンスと再発予防指導

Q.相談前はどのような悩みをお持ちでしたか?

A.元々腰痛がひどかったのですが、ウォーキングをして改善しようとしていました。しかし、歩いて15分くらい経つと「右側のおしりから太もも、すね(足先)にかけてのしびれと痛み」がでるようになりました。それからも痺れがひどくなり、なかなか足が上がらずに、つまづくといった症状がでるようになってしまいました。

Q.他の院とはどのような違いがありましたか?

A.整形外科に受診すると私の症状では手術が必要と言われてしまいました。「15分歩いたら痺れがでていますが、10分になったら即手術」という風な状況でした。手術はしたくなかったので、整形外科の通院はやめて整体を探して行ったのですが、整体ではバキバキするような痛みを伴う整体でした。整体の後はいいのですが、次の日になると痺れがまたでてきて日常の生活でもこれではきついかなという状況でした。そこからゆのまちさんをチラシで知って通うようになりましたが、ゆのまちさんの整体は「痛みのない施術」で気持ちいいくらいでした。また、1番良かったのは日常生活の中でこのような動きをしたらいいですよということを教えてもらえたり、自分の体の仕組みをしっかりと教えてもらえて、コリや痛みの原因や改善するための方法を教えてもらえたのが良かったです。そのことで自分でも生活のなかで痛みや痺れを改善していくことができました

Q.施術を受けてどんな変化がありましたか?

A.通ってから3ヶ月で、不思議なくらいに痺れがなくなりました。たまにどうしてもイレギュラーな動きや生活をしてしまうとちょっと腰の痛みがでたりもしますが、嘘でもなんでもなく痺れだけは全くなくなりました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

追伸

ここまでご説明しましたが、やはり直接一度変化を体感してみないと完全に信じることはできないと思います。特に初めての整体はなんか怖そう、痛くされないか、押し売りされないか・・などの不安や心配があるかと思います。

そこで、初回の方に限り全額返金補償付きのお試し体験をご準備させて頂きましたので、ぜひご利用ください。1日1名様限定の体験価格ですのでご連絡は早めをおすすめします

1日1名様限定。全額返金保証付きの体験価格 専門家による原因分析から本格腰痛整体を体験価格で全てご体感いただけます 通常8800円→半額の4400円 「画像」施術の流れ 問診→原因分析→ゆのまち式整体→テーピング療法→セルフケア指導

痛みとしびれでお悩みの方へ
合わせて読みたい↓

【おしり】の痛みやしびれでお悩みのかたへ

【足のつけ根】(股関節の外側)の痛みとしびれでお悩みの方へ

【太もも裏】の痛みとしびれでお悩みのかたへ

【ふくらはぎ】の痛みとしびれでお悩みの方へ

【膝】の痛みとしびれでお悩みの方へ

【足の甲】の痛みやしびれでお悩みの方へ

【腰痛と足】のしびれでお悩みのかたへ

 

タイトルとURLをコピーしました