fbpx

整骨院と整体院の違いを解説 あなたはどちらが合っているか|別府整体姿勢専門サロンゆのまち

整骨院と整体院の違いを解説 あなたはどちらが合っているか|別府整体姿勢専門サロンゆのまちスタッフブログ

整骨院と整体院の違いをご存知ですか?

腰の痛みや足がしびれる、股関節や膝が痛くて歩きにくい・・・

しかし、「病院に行くほどではないな・・」「病院に行ってもどうせ湿布や電気治療やリハビリで終わってしまうからあまり行きたくないな・・」と考えて、他の手段として「整骨院」や「整体院」などの治療院を探していませんか?

けれども自分の症状は整骨院と整体院どちが合っているのだろうかと悩んでいませんか?

大分県別府市には整骨院や整体院が、インターネットで簡単に調べてみても100件以上はあります。

そんななかで自分で調べて行くのは大変で、結局痛みを我慢してそのままにしてしまっている方は多くいらっしゃいます。

そういった方のために、今回のブログでは「整骨院と整体院の違い」や「実際にどちらに行くべきか」についてのレポートをまとめたのでご紹介させて頂きます。

このことで整骨院か整体院のどちらに治療に行けばいいかがわりますし、何より今の辛い状況を早く確実に治して行くための行動をとることができます。

大切な体のことですので、しっかりと情報を入れた状態で自分に適した場所に行って欲しいと思っています。

なぜそう思うのかというと、私は整体院を行っていますが元々は理学療法士として整形外科の病院で10年近く勤務していました。その際に、誤った選択をし続けてしまったために体をどんどん悪くしてしまい、手術や入院をしてしまって大切な体に傷がついてしまった方や、痛みやしびれが残って制限のある生活をするしかない状況となってしまった方を多くみたからです。

そこで、そういった方々がこれ以上増えないようにという思いで書かせて頂きましたので、痛みやしびれで悩んでいる方はぜひ一読してください。

整骨院と整体院ってどんなとこ?

整骨院とは?

整骨院は主に柔道整復師という国家資格をもった方が行っています。

対象の病気は、捻挫や脱臼の急性期(初期)症状です。

整体院との大きな違いになりますが、それらの病気の急性期症状については保険適用であり、安価に治療を受ける事ができます。腕の良い柔道整復仕さんであれば何度か通って捻挫、脱臼、つき指などの急性期症状の改善を見込めます。

全てが保険適応と勘違いをされている方も多いかもしれませんが、急性期症状以外は基本的に保険適応外となります。

そのため、慢性的な肩こりや腰痛などといった症状については保険が適応されない場合がありますので別途のメニューとなることが多いようです。

また、よく聞く「骨盤矯正」ですが、こちらは医学的な言葉ではないため病院などでは通じない言葉になりますので注意が必要です。

整体院とは?

整体院というとなにか特別な資格がないとできないという印象を持っている方も多いかと思いますが、実は整体院をするには特別な資格は必要ありません

しかし、多くの整体院では〜〜資格を持っていますという謳い文句がでています。これらの資格について調べてみると民間資格のものも多く混じっています(柔道整復師や鍼灸師、理学療法士などの資格を持っている方もいるので一度調べてみることをお勧めします)

そのため、施術内容もそれぞれ全く違っていて「バキバキするタイプの施術」や「ソフトタッチで行う施術」などそれぞれ特徴があります。

マッサージを行う場所も多いですが、その刺激の強さもそれぞれのスタイルによって全く違った施術を提供しているのが現状です。

では、、、整骨院と整体院どちらに行くべきか?

「捻挫や脱臼、交通事故による怪我」などであれば整骨院では保険が適応となりますし、そういった問題であれば整骨院が専門分野になるので、整骨院に相談することをおすすめします。

「慢性的な腰痛や足のしびれ」などの体の痛みについては、整体院の方がいいのではと考えます。

理由としては、それぞれの専門分野という視点で考えた際にそういった選び方をした方がいいからです。しかし、実際には費用面の部分もあるため(整体は自費治療になるので整骨院よりも高い)そちらも考慮する必要があります。

ただ、保険適応外の症状で自分が悩んでいるのであれば、どちらにせよ保険の適応外となるためどちらにお世話になるかは慎重に選ぶ必要はあります。

特に整体院については、先ほどお伝えしたように無資格の人や民間資格などの医学的知識を持っていない方が施術する場合もあるため、ただの痛みと考えて危険な病気を見逃してしまうケースや、治らないだけでなく悪化してしまうケースもあるため十分気をつけて選ぶ必要があります。

注意!こんな痛みは一度病院へ!!

・しびれがでている(特に両手、両足)

・寝ててもずっと痛くて、夜も眠れない

・元々内科疾患を持っている

・元々腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などがあり、酷かった時の痛みに似ている

などの場合には、一度病院に行くことをおすすめします。こういった場合には神経を傷つけてしまっていることがあるため、まずはレントゲンやMRIなどの精密検査を受けることや、手術適応かどうかの判断も必要になる場合があるからです。

ただ、その後にすぐに手術はしなくてもいいから、痛み止めや電気治療、リハビリで一旦様子をみましょうと言われて、痛み止めや治療を受けてもずっと変わらずに辛い・・といった場合もあります。

その際には、医学的な知識を持ったうえで治療ができる整骨院や整体院などに一度相談してみることも良い選択かと思います。(特に様子を見続けても一向に変わらない場合で、痛み止めの量が増え続けるばかりの治療方針の場合には早めに一度相談することをおすすめします)

整骨院と整体院の違い まとめ

整骨院と整体院の違いや、病院にいった方がいい場合についてまとめさせて頂きましたが、結論としてはそれぞれの専門分野や得意分野を理解した上でいくべき場所にいくということが大切です。

また、整骨院や整体院によってもどうしても治療技術や知識が違ってくるため、それからもその治療院がどういった資格を持っているかや、自分の症状のような人が相談して良くなっているのかを色々と調べてみることをおすすめします

※HPの内容はもちろん、最近はグーグルでの地図検索で口コミや星評価が見れるのでそちらを参考にしたりすると良いかと思います。特にGoogleの地図検索は実名やアカウントが制限されているため、いわゆるサクラがいないため有用な情報になるかと思います

痛みで辛くて明日からの仕事をどうしよう、、、この痛みはこのまま一生背負っていかないといけないことになるのでは、、、と不安な気持ちもあるかと思いますので、早く行動できると良いかた思いますが、大切な体のことなので慎重に選んでください。

自分だけでは分からない場合にはそれぞれの治療院などに問いあわせて自分の状態はどうかを聞いてみると良いかと思います。

当院でも電話でのご相談だけでなく、ラインでの相談も時間外でも承っていますので、どうしようと不安を感じている方はまずは相談だけでも早めに行ってみて欲しいです。

不安があると痛みは一層強く感じてしまいますい、放っておくとさらに悪化してしまう場合も多くみてきました。

痛みやどこに行ったらいいか分からななど、色々な不安を抱えられているかと思いますので、気になる方はまずは一度ご相談ください。

ラインからのご相談はこちらから

電話でのご相談はこちらから

別府整体姿勢専門サロンゆのまち 電話はこちらから

タイトルとURLをコピーしました