fbpx

【肩こり & 猫背解消法】

スタッフブログ

肩こりと腰痛は国民病とも言われ、全人口の73.5%もの方が感じているものと言われています。

 

また、肩こり歴は平均12.4 年と慢性的に肩こりに悩まされている方は多くいます。


実際に別府市の子供達の姿勢チェックを行なった際には早い子では10歳近くから肩のこわばりを感じ始めている子供もいました。

 

肩こりを引き起こす筋肉としては、「僧帽筋」「肩甲挙筋」など肩~首にかけて繋がっている筋肉のいわゆるコリが肩こりとして認識されているようです。

 

その肩こりの原因としては日本整形外科学会で「猫背」や「前屈みの同一姿勢」などが原因と言われているように、姿勢が大きく関わってきます

つまり、肩こりを改善するためには、こりを感じている筋肉をあっためたり、マッサージを行ったりするだけでは対処的にしかならず、慢性化し続けるため、終わりのない通院生活となってしまうのです。

そこで、コリのある筋肉の効果的なマッサージと、猫背改善の2つが肩こり解消には必須条件となるため、今回はその2点をお伝えします。

①僧帽筋・肩甲挙筋のマッサージ

・僧帽筋は頭の骨の後ろ側にくっついているため、その箇所をマッサージする方が、感覚が多く入りやすいため効果的な方法となります。やり方としては写真のように首の上の髪の毛の生え際を痛気持ちい範囲でマッサージしてみてください

・肩甲挙筋が付いている場所は耳と顎の骨の間にあるため、少しわかりにくい為耳の下あたりをマッサージしていくイメージで良いかと思います。

多くの方が硬くなっている為、それだけでも十分コリを感じる事ができるはずです。

②猫背解消マッサージ

猫背を作り出してしまう要因は大きく2つあり、「大胸筋のコリ」「肋骨が下向きになる」という2点です

・大胸筋は肩の前面についているので、鎖骨より下の周囲を手のひらでマッサージしていきます

・下向きの肋骨の改善方法としては、普段意識していないと肋骨を触ることは難しいので、まずは胸の前~お腹の前を上に引き上げるようにマッサージしていく事で、徐々に肋骨が上むきになっていきます

終了後には猫背が解消され視界が明るくなる感じも感じ取れる方は、感じるはずです。

是非肩こりでお悩みの方は一度お試しください!

また、ご相談はお気軽にどうぞ!!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました